猫と平屋

「人も猫も快適に暮らす平屋の家」というご要望に、中庭を中心にしてパブリックとプライベートをセパレートした空間構成を行いました。
二方向の接道に配慮した窓の配置によりプライバシーを保ちながらも、光を計画的に取り入れた開放感と木のあたたかさがやさしく調和する平屋です。