Citta リノベーション

Renovation Works

施工事例

Tippi Otaki

 

 

築40年余りの戸建住宅をリノベーション。昔ながらの仕切られた個室同士を一体にし、26畳以上もの大空間に。

内装は天井の躯体をそのまま現してラフな素材感を活かしつつ、真白のエッグウォールを壁に施すことで、

新旧の素材が混ざり合ったリノベーションならではの空間に仕上がりました。

 

サッシや躯体など要所に施したブラックがアクセントとなり、ラフさの中にモダンな空気が漂っています。

なるべく既製の建材を使用せず「素材感」そのままを利用することで、古きよきモノとの調和を図りました。

歴史を重ねた住まいに新しさが加わり、リラックスできる癒しの空間が完成しました。

 

 

 

 

 

 

【古民家リノベーション】Before → Afterをご紹介!

 

特設サイトはこちらからご覧いただけます。

 

【古民家リノベーション】ビフォーアフターをご紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 前のページに戻る