Citta Voice ~暮らしぶり~

Case3

裏動線とガレージの家

物件概要

所在地 富里市
居住者構成 夫婦+子供1人
延床面積 127.24 m²
建築面積 267.35 m²
思い切り、好きなことに没頭できるスペースが欲しい。大人だって、そう感じることは多いはずだ。日常から気軽にスイッチングできる、
自分だけの宇宙があったなら・・・・・・と。注文住宅は、それをかなえる数少ない手段。ここでは、実際に自分の「基地」を実現した人のケースを紹介したい。千葉県富里市に建つこの家は、数多くの趣味を楽しむMさんが建てた自宅。そう、自宅なのである。生活の場である家という空間に、ダイナミックな趣味の場を融合しているのだ。「男らしい」という形容がぴったりのMさんは、なるほど趣味もバイクいじりと男性らしい。そしてMさんの奥さんもまた、美容師として活躍する明るい女性。

そんな2人が家を建てたいと考えたとき、「バイクガレージ」と「カットスペース」を要望したのは、当然といえば当然だ。
しかし、いわゆる普通の住宅の概念には収まらない。そこで選んだパートナーがスタジオ・チッタだった。



趣味に没頭するためには、日常からある意味一線を引きたい。とはいえもちろん、手軽な行き来は必須。その解は、「動線」を工夫することだった。
カットスペースには玄関から土足で入れるように配置し、その機能性を活かす。またガレージには外からの直接アクセス以外に、バックヤードからの「裏動線」を仕込んだ。



様々な状況を考え抜いたこの動線デザインで、居住空間と趣味のメリハリ、そして利便性を獲得している。
もちろん、住居空間側にも工夫をこらした。全室南向きというだけあり、どこにいても燦々と光が降り注ぐ。広々と開放感のあるLDKには、特製のダイニングカウンターが。目線の高さを計算し尽くした自信作だ。
この家が完成してから、奥さんはカットスペースで友人と楽しい時を過ごし、Mさんの趣味もますます充実。
「ほぼすべての要望を実現でき、大変満足しています。帰るのが楽しみになる家です」と語る2人の目には、いきいきとした光が宿る。
 

全てのリストに戻る