椿森のいえ

旗竿状の敷地を最大限に利用し、家の中心に中庭を配置。光をふんだんに取り入れつつもプライベート性を考慮したテラスとなっています。
そのテラスを中心にLDK、和室、玄関の土間空間で取り囲むことで各空間にツナガリを持たせました。
LDKに設けた吹抜けは室内にたっぷり光を届け、2階のFamily Spaceまで伸びやかに繋がっています。
ハナレのような和室はLDKの気配を感じつつも、落ちつける空間になっています。
床材にはオーク材を使用しあたたかくやさしい印象にしつつも、ブラックのタイルやスチール階段をインテリアのように配置し見た目の印象を引き締めています。
外観には杉材を使用し緑豊かな環境になじむよう仕上げました。
 

全てのリストに戻る

同カテゴリリスト