中と外の間

南に面する大きな開口部は軒を出す事で夏は日差しを遮り、冬は日差しを取り入れる計画としました。

袖壁・柱・軒天には杉の無垢材を使用し、経年の風合いを楽しむ事が出来ます。

中庭とポーチタイルでLDKを挟み込む配置にすることで、日本家屋のような中と外の曖昧な空間を現代の生活スタイルに合わせた形で再現してみました。