black cube

千葉駅から程近い場所に建つ天ぷら屋で、2階に住宅を併設しています。
黒くマッシブなファサードの片隅にあるヴォイドは、夜になると中から光がこぼれ、店内へお客様を誘います。
外観の雰囲気とは異なり、落ち着いた温かみのある店内は、特注の天ぷら台を囲むように10席ほどの客席カウンターを配置してあり、どの席からもご主人の職人技が見えるようになっています。
ご主人が天ぷらを揚げる厨房の奥に、調理・洗浄・ドリンク提供等を機能的にまとめた裏厨房が併設しています。

全てのリストに戻る

同カテゴリリスト