津田沼の狭小住宅

駅からほど近い狭小地に建つ1LDK。
黒いガルバリウムのシャープな外観と打って変わって内部の床は檜仕上げ、壁には漆喰を使用。また、玄関には土間スペースと畳を配置し、間接照明を採用して柔らかな印象に仕上げました。
2階床部分には「組子らんま」を埋め込み、透過光を利用しその影が1階畳に映ることでことで、より「和」を意識した特別感のある空間を演出。
専用のダイニングスペースは設けず、窓越しに高さの異なる1枚板のカウンターをあつらえました。
リビングにはあえて大きな窓を設けず、喧騒を忘れるほどの光を、天窓から確保しました。
素材感と計画的なライティングにより落ち着きと癒やしのある、まるで和風旅館の様な空間に仕上げました。

全てのリストに戻る

同カテゴリリスト