Works

mid-century

mid-century
杉板×塗り壁で仕上げる事でファサードにメリハリが生まれ、キャンチレバーさせた構造により立体感を持たせた外観。
住空間はお施主様ご要望のミッドセンチュリーテイストに仕立てました。
LDKを2階に配置し、勾配天井にレッドシダーの板張りを施すことで、落ち着きと開放感のある空間を創出。
壁面の一部には乱石貼りで仕上げ、異素材を取り入れることで空間に変化を与える役割を果たしています。
造作のカップボードはラワン合板を基調とし、天板を白の左官材で仕上げ、アクセントとして真鍮の把手で仕上げました。
天井付けの大開口は、隣地からの視線を遮りプライバシー性を高めつつ、南面より多くの光を取り入れてくれます。
外には閉じながらも開放的で明るく、快適に過ごせるお住まいになりました。
所在地
千葉県市川市
居住者構成
夫婦+子供2人+両親
敷地面積
165.29m²
建築面積
78.04m²
本体価格
C値・UA値
C値0.40cm²/m² UA値―

CONTACT US

スタジオ・チッタの家づくりに
興味のある方はお気軽にお問い合わせください。